2013年07月28日

パニック障害の症状

パニック障害の症状は本当に様々なものがあって、本当に色々な部分に影響が出てくるという事は実際にパニック障害になった事のある人や、いまパニック障害で苦しんでいる方はよく分かっていると思います。


【パニック障害の症状】
パニック障害の症状としては、人によって出方が全く違いますので一概に言えませんが代表的なものを列記しますね。

@激しい動悸
A過呼吸
B意識を失う
C死ぬのではないかという恐怖感
D気が狂ってしまいそうな気分、発狂しそうになる


細かい部分を言えば・・・
@頬のしびれ
A手のしびれ
B顔がとにかくほてる



上記のようなものがパニック障害の代表的な例です。本当に酷いときには顔色が変わってしまうほどに不調になりますので、何かの病気かと思われることも少なくありません。



このパニック障害では、予期不安というものが伴うようになり、「また、あのような感覚が来たらどうしよう」というような感覚になり、それがトリガーとなり、反復継続して、パニック発作を起こすために脳がそれを覚えてしまい適切にパニック発作が出ないように診療内科で処方された薬を飲んで発作をなるべく飛ばすことをして、パニック発作が起こらないという事を再度脳に学習させなければなりません。



早めに治療をして、発作を出さないことが最も重要ですが、本当になるときは突然パニック障害になるので、気をつけようはないというのが本音かもしれませんが、パニック障害の改善、パニック障害の予防という意味で神経伝達物質のセロトニンを補うサプリメントのセロトアルファを飲むというのも予防やパニック障害改善には良い事であると考えれます。



パニック障害は神経伝達物質のセロトニンの不足が原因なのではないかと言われていますから、セロトニンを補うことの出来るサプリメントを摂取していると確かに軽減されていくと思います。実際に、このブログを書いているくらいですから、書いている私自身も実はパニック障害の治療をしはじめてから既に5年が経過してしまいました。



その中で出会ったのがセロトアルファです。私も服用をしていますが、調子も良く、とにかく不安が伴うような場所にいくときにはなるべくバックにいれて持っています。パニック障害の不思議なところは薬を一応持って歩いているだけで、症状が出にくいとか、そういったことがある事は珍しくありません。



一応、パニック発作が出そうになったときもセロトアルファを飲んでみると症状は治まったりするので、精神的な安心感という事も大きく影響していて、さらに、セロトニンも補ってくれるサプリメントでもあるので、効果が感じられるのだと思います。



パニック障害の症状にお悩みの方は、セロトニンを補うサプリメントのセロトアルファは、パニック障害にも効くサプリであると思いますので、一度お試し頂けると良いのではないかと思います。


セロトアルファはあくまでもサプリメントなので副作用もなく服用できますから、まずは試してみることも重要なのではないかと思います。
↓↓↓








posted by パニック障害の症状はセロトニンを補うと改善します at 03:48| パニック障害の症状 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。