2013年07月28日

パニック障害の原因を改善方法 〜 セロトニンを補う

パニック障害の原因は、脳内のセロトニンが不足していることが原因なのではないかと言われています。セロトニンとは神経伝達物質のひとつで、役割としては中間の調整役的な神経伝達物質です。



このセロトニンが不足すると、心拍数を司るような神経伝達物質が出ているときにも抑制がきかず動機が一気に激しくなったり、不安感に襲われたりするわけです。本来は、人間も自然の生き物なので、外敵から身を守るためにその恐怖があったのですが、現代人は慢性的に頭の中で恐怖をなんども再生するという事と、社会的に負けても自然界とは違い死ぬ事はありませんから、神経伝達物質の過不足がおきて悩む事になるわけです。



パニック障害の原因は他にも、不規則な生活も問題です。不規則な生活は身体のリズムを狂わせますから、自律神経がおかしくなってくる事で、脳内の神経伝達物質のバランスも狂ってきます。そして、そこに過度の毎日のストレスが加わる事によって余計に神経伝達物質のバランスが狂ってくるというわけです。


パニック障害を改善するには、リズム運動、つまりはウォーキングなどの軽い運動が良いとされています。パニック障害の患者の筋肉などはガチガチに固まっているという事が多かったり、パニック障害の改善の研究をしているような整体師が言うには、「パニック障害で悩んでいる人は首、肩、特に背中が凝っている」という事が多いそうです。


だから適度な運動を毎日決まった時間に規則的に行う事によってパニック障害はかなり改善出来ると言われています。そもそもは不規則な生活からきたものであるともいえるので、なるべく出来る限り規則正しくストレスを発散するようにしていく事が重要です。


また運動不足もストレスになります。運動があまり好きではないという人でも、身体に酸素が行渡らないという事は、つまり身体にとってはそれはストレスですから、そもそも身体は運動をするように出来ているわけですから、適度なウォーキングなどで身体の余分な力を抜いてやることも必要なのではないかと思います。



そして、効率よく神経伝達物質のセロトニンを補うサプリメントを摂取する事でパニック障害の症状の改善を望む事が出来ると思われます。パニック障害の原因となるセロトニンの不足を補うサプリメントがセロトアルファです。セロトニンはパニック障害だけではなく、うつ、不眠の改善にも効果的です。



表面上の病名は違えど、根本原因は案外同じで、神経伝達物質のセロトニンが不足することで起こるので、パニック障害、不眠、うつの症状はセロトニンを補給して補ってやると改善の方向に向かっていくという事が現段階の医療現場での見解です。


なので、セロトニンを補うサプリメントを試してみることも悪い事ではないのではないでしょうか???私としては、いつでも持って出かけられて、サプリメントなのでいつのんでも基本的には良いというものなので、もしものときのために持ち歩くとかなり安心して外出も出来るようになるのではないかと思います。


私も使ってパニック障害の改善に役立てているセロトアルファの詳細は下記のバナーをクリックして下さい。脳内の神経伝達物質とうつ、不眠などの関係が簡潔に分かりやすくまとめてあるので見るだけでも、お悩みの症状の改善の方法が分かるのではないでしょうか。
↓↓↓








posted by パニック障害の症状はセロトニンを補うと改善します at 04:06| パニック障害の原因 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。