2013年07月15日

パニック障害や精神疾患の原因となるのがセロトニンの欠乏

管理人の私自身が実はパニック障害なので、このブログを書いています。そして、パニック障害や精神疾患の原因は何にあるのか???という事を色々な書籍を見て調べていたところ、「セロトニンの欠乏が原因である」という事に辿りつきまして、セロトニンを効率よく補給する事が出来るセロトニンを補うサプリメントのセロトアルファに辿りつきました。



特にパニック障害で参考になった書籍が下記です。



管理人の私はこの書籍を読んで、リズム運動とセロトニンの欠乏が原因と分かってから、セロトニンの原料となるトリプトファンを摂取出来る食品を毎日取り入れるようにしました。


【トリプトファンが多く含まれている食物】
必須アミノ酸は食品中のタンパク質が多いほど多く含まれているそうです。

・肉 魚 豆
・種子 ナッツ 豆乳 乳製品
・チョコレート
・バナナ ドリアン マンゴー ナツメヤシ
・鶏卵 家禽類の肉
・ゴマ ヒヨコマメ ヒマワリの種 スピルリナ ラッカセイ
 

意外にも上記を見ていただくと、そこまで摂取の難しい食品はありません。手軽におやつ感覚で摂取できるものも多くあるのでなるべく、これらの食品を食べるようにしました。



私は特に駅などでパニック発作のようなものが出る事が多かったのですが、駅の中にお菓子が売っている自動販売機ってありませんか?あの中でスニッカーズというチョコレートバーのお菓子がありますが、それを食べるとなんとなくパニック発作が和らぐのでスニッカーズを買って食べている事が多かったです。スニッカーズにはナッツ、チョコレートと、パニック障害を和らげる食品の中で紹介しているものが入っているので調度良いという事もあります。



スニッカーズってこんなお菓子です
↓↓↓




そして最終的に、パニック障害などのサプリメントもあるのではないかと検索をしたところ発見をしたのがこのセロトアルファだったのです。もちろん、私も買っています。セロアルファを飲むと、プラシーボ効果もあるのでしょうが、なんとなく「セロトアルファを飲んでいるのだから今日はパニック発作は出にくいはず」と思えたので、結果的にパニック発作が出る事も少なかったですし、夜に飲んでから眠ると確かに安心して眠れるような気がしました。


人によってもちろん個人差があるので、効き目は違うかもしれませんが、栄養素としてセロトニンは確かに精神疾患やパニック障害の症状を和らげるのに必要な栄養素なわけですから、パニック障害の症状に悩まされている方は、一度は購入をして試してみると良いのではないでしょうか。


セロトアルファの詳細は下記リンクをクリック
↓↓↓

うつ・不眠に。セロトアルファは薬ではありません。サプリメントです。



posted by パニック障害の症状はセロトニンを補うと改善します at 01:46| 大麦発酵酵素のセロトアルファ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。