2013年11月25日

パニック障害に効く食生活 〜 トリプトファンを含む食品

パニック障害に効く食生活を考える事もパニック障害の改善にはとても重要な事です。パニック障害の原因として知られているのが脳内の神経伝達物質のセロトニンが不足する事によって起こるというメカニズムが明らかになってきています。




まだ、不明な点も多いのですが事実としてパニック障害の疾患に対して処方されるSSRIというレセプター阻害薬と言われるジェイゾロフトなどの薬はセロトニンの量を脳内に実質的に足りているという状態にする薬理作用があります。副作用としては眠気があります。また肝臓に溜まる性質があるので肝機能に影響を与える事があると言われています。私自身はジェイゾロフトとメイラックスを服用していますが、半年に一回は血液検査をして機能に異常がないかという事を検査しています。




そんなに神経質に血液検査を行わなくても良いのではないかとも思いますが、血液検査で他の疾患の早期発見も出来るので、これはこれで良いかと私自身は思っています。




話は少しづれてしまいましたので、パニック障害に効く食生活に話に戻しますね。食生活ですから、食物に含まれている栄養素がパニック障害の改善に効くものが含まれている事が重要です。脳内のセロトニンの不足によることがパニック障害の原因となっているのですからセロトニンを補給するような食品を摂取すれば良いという事になります。




このセロトニンは食物中に含まれるトリプトファンを原料としてからだの中で合成されるものです。ですから、トリプトファンを含んだ食品を摂取すれば良いという事になります。




トリプトファンは蛋白質が豊富な食品に多く含まれていますが、植物性の蛋白質の方が動物性のものより吸収されやすいといわれているので、豆類から摂取すると良いとされています。トリプトファンの摂取のしすぎ、つまりはトリプトファンの過剰摂取という問題が取り上げられた事がありましたが、普通の食物からそれを摂取している場合には過剰となる事はまずないと思っても良いかと思います。




また、トリプトファンから合成されるセロトニンという脳内の神経伝達物質の不足の影響としてパニック障害だけではなく、うつ、不眠という状態を招くという事もあるわけです。だからバランスよく過不足ないような食生活をする事がパニック障害の改善も含めてその他の軽い精神的不安定な状態であってもそれの改善をする事が出来ると期待出来ますので、食生活をバランスの良いものにする事はパニック障害の改善だけではなく、その他の生活習慣病などの予防にもなりますから食生活を正していく事はパニック障害の改善だけではなくこれから健康的に生活をしていくためにも重要な事になりますので、この機会にあなた自身の食生活を正してみる事も有益な事であると思います。





私としては食生活を正していく事は勿論の事として、サプリメントでセロトニンを補給するようなものを摂取する事も有用だと思います。大麦発酵酵素を使用したセロトアルファが私としてはおススメです。下記のバナーをクリックするとセロトアルファの公式ページをみる事が出来ますから気になる方は詳細を確認して下さい。
↓↓↓







当ブログでも「セロトアルファとは?」という記事で詳細をしています。又、光風霽月というセロトアルファと中身は同じですが販売している会社が違う同一商品があります。それが光風霽月ですが、光風霽月とセロトアルファの違いについて書いた記事もありますので、光風霽月とセロトアルファのどちらが良いのか、又、外見が違うだけで中身が同じなら安い方が良いという方は下記の記事も参考にして下さい。
↓↓↓
光風霽月(こうふうせいげつ)とセロトアルファって同じ商品じゃない???何が違うの?





また関連記事としては下記のものがあります。
↓↓↓
@パニック障害を改善する食生活
Aパニック障害や精神疾患の原因となるのがセロトニンの欠乏
Bパニック障害の原因を改善方法 〜 セロトニンを補う




セロトアルファの詳細は下記バナーをクリックして購入の検討をして下さい。
↓↓↓







posted by パニック障害の症状はセロトニンを補うと改善します at 01:17| パニック障害に効く食生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。