2013年10月28日

パニック障害の改善方法 〜 予期不安の乗り切り方

パニック障害の最も辛いものが予期不安とパニック発作です。予期不安とパニック発作は紙一重で予期不安が出ているときには、人によって様々な症状が出ます。




私の場合には、クラクラしてくる、足に力が入らない、膝がガクガクする、頬が痺れる、手が冷たいような感じで痺れたようになる、と様々なものが予期不安と一緒に出ていました。




でも、決して「死なない」と理解をしているとかなり大きな助けになります。不安に負けるのではなく、どうせ死なないから気を失っても良いと思って身を委ねてしまう事が良いかと思います。なかなか外出先でそのような事は出来ないかもしれませんが、正直なところ日本国内で道端でぶっ倒れたとしても、何か酷い事になる事はまずないでしょうし、必ず救急車で運ばれる事になりますから、日本国内であればそこまで危ない事はありません。




ただ自分が「恥ずかしい」「迷惑をかけたくない」などの思いで焦ってしまうだけですから、生きているだけで正直迷惑なんて誰かにかけているわけですからここは開き直って倒れて大丈夫と思ってしまう事が最も重要な事だと思います。




そのようなメンタルを確保出来たら、次は具体的にパニック発作に至らない予期不安の段階で食い止める方法ですが、まずは不安感を消さなければなりません。どのような方法であっても良いのでとにかく気を紛らわせるという事が重要です。




特に、行動の「意味づけ」をして脳に学習をさせる事が重要で、つまり言い換えれば、あなたが「これをやれば落ち着く」という方法を自分で見つける事が大切です。僕の場合には、水分を補給したり、冷たい缶コーヒーを掌に持ったりすると意識がはっきりしてきて予期不安も和らいでいくという経験が多かったです。




無理に呼吸を整えようとすると逆に僕はダメで、過呼吸を思い出して意識してしまうのでなるべく呼吸や心拍数の事を意識をしないようにしていました。僕は特に神経質であって心臓が止まるのではないか?というような不安を覚えたので、階段を走ったりするだけでも酷いものでした。ですから、なるべく心拍数や呼吸の乱れには意識を持っていかないようにしました。




人それぞれに予期不安の乗り切り方があると思いますが、最も自分が落ち着くものを見つけるとかなり楽になりますから、なるべく気を紛らわせる事を行っていくなかで、これが最も予期不安を和らげてくれるというものが見つかるはずです。




パニック障害、うつ、不眠の原因は脳内の神経伝達物質のセロトニンが不足している状態ですから、それを補給する事で症状の改善が期待できますから、セロトニンを補給するサプリメントのセロトアルファも私はおススメします。


セロトアルファの公式サイトは下記のバナーをクリックして詳細を確認して下さい。
↓↓↓






posted by パニック障害の症状はセロトニンを補うと改善します at 09:23| パニック障害の改善方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

パニック障害の改善方法 〜 1

このブログを書いている私自身もパニック障害を患っています。ですから、パニック障害について自分が体験した事、実際に回復したと思えるところまで何とか回復した事を同じパニック障害を患って辛い思いをしている方や、パニック障害、うつ、不眠の原因でもあるセロトニン不足の知っている事を役立てて頂けたらと思っています。




私の経験上ですがパニック障害を患って、なんとも不安な日々を過ごしているとき勇気づけられたのは、同じパニック障害を患ってしまった人のブログであったり、芸能人などでもパニック障害を患っていた事を書いた本であったりと実際にパニック障害を体験した人の記録でした。無名な人であれ、有名な人であれ、同じパニック障害を患っていて、しかしながら回復をしたという記録が私の心を楽にしてくれました。




だから、このように無名の僕であれWEB上にパニック障害の事を書く事で確かに誰かを勇気付けられると思いますので、こうしてパニック障害の体験を書いています。




私がその中で出会ったのがセロトニンを補給するサプリメントのセロトアルファです。このセロトアルファは目安の摂取量はあるにせよ、あくまでもサプリメントなのでいつでも持ち歩いて精神的な安心を得る事が出来るので遠出をするときや慣れない車を運転しなければならないときに重宝しました。




また自分で起業もした事もあって、そのストレスも物凄いものであったので、セロトニンを補給する事によってストレスを軽減する事が出来るので、かなり重宝しています。




セロトニンを補給する大麦発酵酵素のサプリメントのセロトアルファに興味のある方は公式ページだけでも読んでみて下さい。簡潔に分かりやすく神経伝達物質のセロトニンの役割なども書いてありますから、読むだけでもパニック障害、うつ、不眠の改善のヒントになると思います。
↓↓↓






posted by パニック障害の症状はセロトニンを補うと改善します at 08:57| パニック障害の改善方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

セロトアルファとは?

セロトアルファというサプリメントがある事はご存知でしょうか?このブログではセロトアルファをパニック障害に効くサプリメントとして紹介しています。




セロトアルファは大麦発酵酵素の力でセロトニンを補給するサプリメントですから、パニック障害の改善に役に立つと言えます。このセロトニンというのは、不足すると精神的な病になる原因になります。セロトニンは脳内の神経伝達物質で通称「幸福ホルモン」「幸せホルモン」とも言われています。




このセロトニンを補う事で、うつ、不眠、パニック障害の症状が改善するという報告もなされています。しかしながら、まだまだ完全にメカニズムが解明されたわけではありませんが、事実としてセロトニンを補給してやると確かに症状の改善から見られるという事で臨床の現場でもセロトニン実質的な量を増やす薬としてジェイゾロフトなどのSSRIと言われるレセプター阻害薬というものが治療に使われています。




ですから、セロトニンを食事やサプリメントから摂取出来たら副作用もなく身体に優しくうつ、不眠、パニック障害を改善する事が出来ると期待出来るのです。この事から、セロトアルファというサプリメントがセロトニンの補給を目的として作られたというサプリメントである以上、うつ、不眠、パニック障害の改善に効くという事が出来ます。




うつ、不眠、パニック障害でお悩みの方は一回くらいは試してみると良いのではないでしょうか?正直、効くか効かないかという効果を調べていても何も解決していきません。良いといわれるものがあれば試してみるというポジティブさが必要だと思います。




なかなか誰にでも効果があるというものではないとも思いますが、栄養素としては確かにセロトニンを補給する事が出来るだけのものが配合されて作られているので効果が無いという事は無いと思います。




私自身もパニック障害を患って、実際にセロトアルファを服用していますが、「セロトニンを補給すると、パニック障害の予期不安が出にくくなる」などの情報を見てから購入に至りましたから、その情報がプラシーボ効果を発揮しているという事も私がセロとアルファを使ってみて効果を感じる要因でもあると思います。




うつ、不眠、パニック障害のメカニズムを理解して、その知識や情報に沿って自分がうつ、不眠、パニック障害から立ち直りたい、回復したいと思っているのであればプラシーボ効果も出てきますから、なるべく前向きに「これをやったら改善した」というような情報を読み試してみる事が個人的には重要だと感じています。




セロトアルファの公式ページは下記のバナーをクリックして詳細を確認して下さい。簡潔に脳の機能や神経伝達物質の事、セロトニンの事も書いてあるので見るだけでもうつ、不眠、パニック障害を改善するためのヒントになる事がページに詰まっていますので読むだけでも読んでみて下さい。
↓↓↓





posted by パニック障害の症状はセロトニンを補うと改善します at 08:23| セロトアルファ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。