2013年07月28日

パニック障害の原因を改善方法 〜 セロトニンを補う

パニック障害の原因は、脳内のセロトニンが不足していることが原因なのではないかと言われています。セロトニンとは神経伝達物質のひとつで、役割としては中間の調整役的な神経伝達物質です。



このセロトニンが不足すると、心拍数を司るような神経伝達物質が出ているときにも抑制がきかず動機が一気に激しくなったり、不安感に襲われたりするわけです。本来は、人間も自然の生き物なので、外敵から身を守るためにその恐怖があったのですが、現代人は慢性的に頭の中で恐怖をなんども再生するという事と、社会的に負けても自然界とは違い死ぬ事はありませんから、神経伝達物質の過不足がおきて悩む事になるわけです。



パニック障害の原因は他にも、不規則な生活も問題です。不規則な生活は身体のリズムを狂わせますから、自律神経がおかしくなってくる事で、脳内の神経伝達物質のバランスも狂ってきます。そして、そこに過度の毎日のストレスが加わる事によって余計に神経伝達物質のバランスが狂ってくるというわけです。


パニック障害を改善するには、リズム運動、つまりはウォーキングなどの軽い運動が良いとされています。パニック障害の患者の筋肉などはガチガチに固まっているという事が多かったり、パニック障害の改善の研究をしているような整体師が言うには、「パニック障害で悩んでいる人は首、肩、特に背中が凝っている」という事が多いそうです。


だから適度な運動を毎日決まった時間に規則的に行う事によってパニック障害はかなり改善出来ると言われています。そもそもは不規則な生活からきたものであるともいえるので、なるべく出来る限り規則正しくストレスを発散するようにしていく事が重要です。


また運動不足もストレスになります。運動があまり好きではないという人でも、身体に酸素が行渡らないという事は、つまり身体にとってはそれはストレスですから、そもそも身体は運動をするように出来ているわけですから、適度なウォーキングなどで身体の余分な力を抜いてやることも必要なのではないかと思います。



そして、効率よく神経伝達物質のセロトニンを補うサプリメントを摂取する事でパニック障害の症状の改善を望む事が出来ると思われます。パニック障害の原因となるセロトニンの不足を補うサプリメントがセロトアルファです。セロトニンはパニック障害だけではなく、うつ、不眠の改善にも効果的です。



表面上の病名は違えど、根本原因は案外同じで、神経伝達物質のセロトニンが不足することで起こるので、パニック障害、不眠、うつの症状はセロトニンを補給して補ってやると改善の方向に向かっていくという事が現段階の医療現場での見解です。


なので、セロトニンを補うサプリメントを試してみることも悪い事ではないのではないでしょうか???私としては、いつでも持って出かけられて、サプリメントなのでいつのんでも基本的には良いというものなので、もしものときのために持ち歩くとかなり安心して外出も出来るようになるのではないかと思います。


私も使ってパニック障害の改善に役立てているセロトアルファの詳細は下記のバナーをクリックして下さい。脳内の神経伝達物質とうつ、不眠などの関係が簡潔に分かりやすくまとめてあるので見るだけでも、お悩みの症状の改善の方法が分かるのではないでしょうか。
↓↓↓








posted by パニック障害の症状はセロトニンを補うと改善します at 04:06| パニック障害の原因 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

パニック障害の症状

パニック障害の症状は本当に様々なものがあって、本当に色々な部分に影響が出てくるという事は実際にパニック障害になった事のある人や、いまパニック障害で苦しんでいる方はよく分かっていると思います。


【パニック障害の症状】
パニック障害の症状としては、人によって出方が全く違いますので一概に言えませんが代表的なものを列記しますね。

@激しい動悸
A過呼吸
B意識を失う
C死ぬのではないかという恐怖感
D気が狂ってしまいそうな気分、発狂しそうになる


細かい部分を言えば・・・
@頬のしびれ
A手のしびれ
B顔がとにかくほてる



上記のようなものがパニック障害の代表的な例です。本当に酷いときには顔色が変わってしまうほどに不調になりますので、何かの病気かと思われることも少なくありません。



このパニック障害では、予期不安というものが伴うようになり、「また、あのような感覚が来たらどうしよう」というような感覚になり、それがトリガーとなり、反復継続して、パニック発作を起こすために脳がそれを覚えてしまい適切にパニック発作が出ないように診療内科で処方された薬を飲んで発作をなるべく飛ばすことをして、パニック発作が起こらないという事を再度脳に学習させなければなりません。



早めに治療をして、発作を出さないことが最も重要ですが、本当になるときは突然パニック障害になるので、気をつけようはないというのが本音かもしれませんが、パニック障害の改善、パニック障害の予防という意味で神経伝達物質のセロトニンを補うサプリメントのセロトアルファを飲むというのも予防やパニック障害改善には良い事であると考えれます。



パニック障害は神経伝達物質のセロトニンの不足が原因なのではないかと言われていますから、セロトニンを補うことの出来るサプリメントを摂取していると確かに軽減されていくと思います。実際に、このブログを書いているくらいですから、書いている私自身も実はパニック障害の治療をしはじめてから既に5年が経過してしまいました。



その中で出会ったのがセロトアルファです。私も服用をしていますが、調子も良く、とにかく不安が伴うような場所にいくときにはなるべくバックにいれて持っています。パニック障害の不思議なところは薬を一応持って歩いているだけで、症状が出にくいとか、そういったことがある事は珍しくありません。



一応、パニック発作が出そうになったときもセロトアルファを飲んでみると症状は治まったりするので、精神的な安心感という事も大きく影響していて、さらに、セロトニンも補ってくれるサプリメントでもあるので、効果が感じられるのだと思います。



パニック障害の症状にお悩みの方は、セロトニンを補うサプリメントのセロトアルファは、パニック障害にも効くサプリであると思いますので、一度お試し頂けると良いのではないかと思います。


セロトアルファはあくまでもサプリメントなので副作用もなく服用できますから、まずは試してみることも重要なのではないかと思います。
↓↓↓








posted by パニック障害の症状はセロトニンを補うと改善します at 03:48| パニック障害の症状 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

大麦発酵酵素のセロトアルファ

大麦発酵酵素がとっても注目を集めています。そして、大麦発酵酵素のサプリメントと言えばセロトアルファが最も有名で人気になっていると思います。



大麦発酵酵素は生理活性物質といわれており身体の細胞を作ったり、身体の働きを正常に保つという役割があると言われています。この大麦発酵酵素を使って作られているサプリメントがセロトアルファです。うつ、不眠、パニック障害に効くサプリメントとして注目されています。



具体的にセロトアルファにはどのような効能があるのかというと、神経伝達物質であるセロトニンを活性化、また、セロトニンを増やす、補うという効能があります。なぜセロトニンを補給してやる必要があるのかというとセロトニンがうつ、不眠、精神疾患に関わっている神経伝達物質であるという事が分かってきているからです。



このセロトニンを補給してやることで、精神疾患の症状が改善するという事が実際の臨床で分かったために、脳内にセロトニンが足りている通常の状態だと誤認させるような働きをして精神疾患の症状を抑える働きをするのが、心療内科などで処方されるSSRIと言われる種類の薬です。ジェイゾロフト、パキシルなどが多く処方されています。



まだ、なぜパニック障害になるのかという事は完全に解明されているわけではないのですが、けれども、セロトニンを補ってやると確かに症状が和らぐし改善に向かうという事からセロトニンを補ってやると良いという事はまず間違いがないのではないかと考えられています。



また、セロトニンは神経伝達物質の中でも調整をするという役割を持ったものですから、これが過不足を起こすと精神的にも、身体的にも過剰な反応を起こしてしまうようになったり、不眠になってしまったり、過呼吸になってしまったり、不安感に襲われたりするという事が起こるわけです。


ストレスなど情緒不安定な状態もセロトニンの不足が原因なのではないかとも言われていますので、セロトニンを補給するという事はほぼ全般的な心の不調好調に関わってくるものであるという事が言えます。



ストレスの多い現代社会ですから、こういったサプリメントも摂取してセロトニンを補いつつ毎日ハツラツとしていたいいものです。


セロトアルファの公式サイトで、あなたのストレス度のチェックも出来るので、一度ストレスをチェックして脳内のセロトニンを補うサプリメントを飲んで精神的にも体調的にも元気になって下さいね。
↓↓↓







posted by パニック障害の症状はセロトニンを補うと改善します at 03:32| 大麦発酵酵素のセロトアルファ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。